2016年05月23日

捕獲した野良猫が我が家にやってきた!


 最近の我が家のビッグニュースと言えば、野良猫が2匹、家の中のケージにいるということ。
 
 話せば長くなるので、箇条書きに。

 ・ 近所に兄妹の野良猫(地域猫)がいました。
 ・ 彼らの住居にしている場所が取り壊されることになり、居場所がなくなります。
 ・ そこで、エサやりをしていた有志が猫たちを捕獲。
 ・ それで、・・・、我が家の家猫になることになりました。

 どうしてこんな展開になるのか、正直、よく分かりませんが、猫が増えるのでうれしい。

 でも、現実はそう簡単ではありません。かれらは年季の入った「ノラ」です。果たして家猫になれるのでしょうか。

 さらに、うちにはピーちゃんとセサールという先住猫がいます。うまくやっていけるのでしょうか。

 などと、悩んでいても仕方がありません。
 
 うまく家猫になってくれるとうれしいのですが。


posted by ネコ師 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつの間にか無くなった缶入りのコンデンスミルク発見!


 子供の頃をふと思い出すアイテム。それが森永のコンデンスミルク缶。

 これを好きなだけなめられたら幸せなのに! と思っていたら、いつの間にか店先から消えてしまった。いったいどこにいったのでしょうか。

 チューブ入りのものは見かけるものの、缶入りのコンデンスミルクはどこを探してもありませんね。

 
コンデンスミルク缶.jpg


 上の写真は、先日、アメ横に行った時に見つけて購入したものです。やはり、製造中止になったわけではなく、あるところにはある! さすがはアメ横です。

 乳飲料業界ってとても不透明。バターがなくなったり。
 これについての業界の言い訳は知っているのですが、長期保存ができる缶詰のコンデンスミルクが店先からなくなった理由は分かりません。

 イチゴが品種改良により甘くなり、コンデンスミルクをかける人が少なくなったから?

 チューブ式のコンデンスミルクはあるのに、どうして缶詰がなくなったのでしょうか。
 森永のチューブ式コンデンスミルクは、缶詰と同じ成分のようですが、他のメーカーのものの成分表示を見ると化学薬品が入っているようです。どうりで気持ち悪い味がします。

 コンデンスミルクは、やはり缶入りに限ります。昨日は、パンに付けていただきました。

 アメ横に行った際には、コンデンスミルク缶を探してみるのも楽しいかも。
 ネコ師は2缶買ったのですが、もっと買えば良かったと後悔しています。でも、重いので・・・。


posted by ネコ師 at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東京めぐり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月05日

明治維新5人の女子留学生の切手を作ってみました


 今度は、女子留学生をテーマにした記念切手を作ってみました。

 消印つきのタイプ

Stamp_5girls_Meiji.png


 消印のないタイプ。津田梅子は1872年撮影の写真を使っています。切手の価格も違いますね。

Stamp_5girls_Meiji2.png


 吉益亮子、上田悌子、山川捨末、永井繁子、津田梅子、留学145周年記念切手シート
posted by ネコ師 at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月04日

明治の5人の女子留学生の肖像


 こんなものを作ってみました。クリックすると拡大表示できます。

  吉益亮子

Ryoko_Yoshimasu(Large_Size).jpg


  上田悌子

Teiko_Ueda(Large_Size).jpg


  山川捨末

Sutematsu_Yamakawa(Larhe_Siza).jpg


  永井繁子

Shigeko_Nagai(Large_Siza).jpg


  津田梅子

Umeko_Tsuda(Large_Size).jpg


 ネコ師お気に入りの吉益亮子は別バージョンもアップします。フレームが違うと、また別の印象を受けます。

吉益亮子最終版.jpg


 津田梅子の写真は11歳当時のもの。それ以外は1872年、ワシントンに到着し、洋服を買ってもらい写真館で撮影した画像を修復して作りました。

 同様の記事は「なんでも保管庫(明治維新の女子留学生写真の復元に挑む(吉益亮子ほか))」でもアップしています。よろしければご覧下さい。


posted by ネコ師 at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入りの写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月27日

いまだに解けない謎:インクをこぼした椅子のシミがきれいになっていた


 管理人にとってとても不思議に感じたこと。通常、歳を重ねるにつれ、その不思議は不思議ではなくなるのですが、今に至っても謎が解明できないことがあります。

 それは、消えたインク染みの謎。

 コスタリカに住んでいたとき、家具付きのアパートに暮らしていました。そこには机と椅子があったのですが、不注意から、椅子の座面にインクをこぼしてしまいました。なぜ、インクを使っていたのか覚えていないのですが、椅子にべったりと直径5cmくらいのインク染みができてしまいました。椅子は布地が貼られていて、染みこんだインクは当然消えません。

 その後、一戸建てに引っ越したのですが、引っ越した先も同じ大家さんの持ち物でした。
 あるとき、大家さんと一緒に前に住んでいたアパートに入ったとき、問題の椅子を見てびっくり。

 インクの染みがまったくないのです。

 一緒にいた大家さんに説明して、ここにインクをこぼしたんだけど、どうやって染みを取り除いたのかと聞いてみました。座面を張り替えたのかも聞きました。インク染みが消えるとは思えなかったからです。でも、座面は古いままで、張り替えてはいません。

 大家さんの説明では、女中にきれいにしてもらった。座面の張り替えはしていない。どうやってきれいにしたかは分からない、という回答でした。

 この大家さんは今でも親しくおつきあいしている方で、適当なことを言う人ではありません。
 でも、どうやってインク染みを消したのだろう。これが当時から現在に至るまで解決できない謎です。
 
 女中さんが掃除してきれいにできる程度なので、椅子を解体して座面の布を剥がし・・・、というような大がかりなことはしていないことは間違いありません。座面を剥がして布を洗浄する方法ならいくつか思いつきますが、そのようなことはしていない。

 とてもふしぎです。


posted by ネコ師 at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | なぞの解明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ このページのTOPへ戻る

MIX洋猫と世界遺産ランキングに参加しています。
このバナーは「セサールの酔猫バナー」という名前です。
この酔っぱらいのような猫のことをもっと知りたい方は
猫カテゴリーからご覧下さい。

にほんブムグ村洋猫へのリンク