2014年06月01日

『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』を見てきました!


 「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」を見てきました。綾瀬はるかと松坂桃李が出ているので面白そうだから。
 見た感想は、わりと面白かった。
 まず、綾瀬はるかがかわいい。初音映莉子という女優さんは知らなかったけれど、なかなか魅力的な人ですね。

 なぜこの映画に惹かれたかというと、ダビンチのモナ・リザが絡んだミステリーで、パリのロケもしていること。松岡圭祐原作のベストセラーミステリー「万能鑑­定士Q」の映画化らしいですが、この本を読んだことがないし、作者も知らない。でも、ミステリーとしては確かに面白い。特に、前半は、ワクワクするつくりです。やはり、ルーブルでのロケは作品に厚みを持たせます。

 ストーリーは、40年ぶりに来日するモナ・リザの本邦臨時学芸員として、万能鑑定士Qの店主凜田莉子(綾瀬はるか)がその才能を買われて大抜擢されます。フランス語を一晩で覚えてしまうという笑えるくらいすごい万能鑑定士です。モナ・リザの右目に、ダ・ヴィンチのイニシャルと考えられる「LV」という文字が書かれていること、さらに、左目にはアルファベットの「B」または「S」、あるいは「CE」という文字が見える、というイタリア文化遺産協会長のシルヴァーノ・ヴィンチェンティ氏の発見(?)をベースにしたサスペンスになっています。ただし、この映画では右目だけですが。
 
 後半は、テレビドラマの枠に収まったという感じがしました。特に、ラストシーンは。少し、もったいない。後半部分には不要なカットがたくさんあったような気がします。

 綾瀬はるかよりも初音映莉子の美しさが光る映画に仕上がっている気がしました。たぶん、監督の好みかも。

 松坂桃李が出演する映画は安心してみることができる気がします。「ツナグ」も良かったし。見終わった後の、なんというか、「後味」が良いと感じました。

 今日は1日なので、「ファーストデイ」ということで1100円で映画を見ることができました。かなり得した気分です。
 
 

 この映画を見て良かったか?  「見て良かった」と思います。映画館で見るのはやはり迫力があり、楽しめました。

 せっかくモナリザを題材にするのなら、若き日のモナリザとか、出産後のモナリザとか、誰も知らないテーマの方が楽しそうです。

 モナリザを少し巨乳にしてみました。

monarisa003.jpg


 過去記事はこちらから。
 「若き日のモナ・リザの微笑み

 
posted by ネコ師 at 22:00| Comment(0) | ネコ師の独り言 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

▲ このページのTOPへ戻る

MIX洋猫と世界遺産ランキングに参加しています。
このバナーは「セサールの酔猫バナー」という名前です。
この酔っぱらいのような猫のことをもっと知りたい方は
猫カテゴリーからご覧下さい。

にほんブムグ村洋猫へのリンク


Copyright Ⓒ Nekoshi, 2007-2017 All Rights Reserved.