2009年01月15日

パナマ運河建設に参加した日本人がいました(1/2)


 パナマ運河建設に参加した日本人がいました。
 この記事は、2回にわたって書きます、・・の予定です。

 アメリカがどこか地図で示せない人がいないように、パナマは、どこにあるか誰でもが示せる国の一つです。その理由は、パナマが南北両大陸の地峡にあり、一番細くなっている所だからです。

 先日、ふとしたきっかけで、パナマ運河の建設に携わっていた日本人がいることを知りました。その日本人の名は、青山士(あおやま あきら)。

 これには少し驚きました。なぜ驚いたかというと、それは時代背景にあります。

 パナマ運河は、1903年に建設が始まり、11年かけて1914年に開通しました。4億ドル近くの巨額の資金を投入して建設した世界的に最も価値のある建造物の一つです。

 さて、1914年には何があったでしょうか。

 パナマ運河は、太平洋と太平洋とをつなぐ重要な要所です。
 Webで検索すると、パナマ運河の建設の話しなどたくさんヒットします。

 せっかく、ブログを書くので、これらの情報を取り入れながら、誰も知らない話しをしたいと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 私がパナマに行ったのは、ノリエガ将軍の悪行に業を煮やした米国がパナマに侵攻し、ノリエガを逮捕した直後でした(表向きかな?)。

 この時に感じたのは、米軍という「軍隊」の怖さと、米国のカモフラージュの早さでした。
(以下、記憶だけで書いているので、間違いがあるかも知れません)

 先ず、軍隊の怖さですが、作戦を遂行することが最優先されます。字面だけ読むと「当たり前じゃないか」と思うかもしれませんが、その間は「シビリアンコントロールは一切効かない」ということです。

 これは恐ろしいことです。侵攻の状況を報道していたテレビ局は、そのビルの放送室にミサイルを打ち込まれました。

 次に、カモフラージュですが、パナマ侵攻では、市街戦で街の繁華街が一部破壊されました。街のショーウィンドゥなども粉々です。それを米国はわずか1週間で修復しました。ショーウィンドゥに必要な大きいサイズのガラスがパナマ国内で大量に入手できないために、エル・サルバドルから空輸したそうです。

 このほかにも、貧民街が被害を受けました。この被害は通常のカモフラージュでは修復できないものでした。そこで、米国はどうしたと思いますか? 

 この貧民街をすべて取り壊し、ブルドーザーで更地にしてしまったのです。私も実際見ました。まるで新興住宅地のようでした。完全な証拠隠滅です。

 当時は、今のようにCNNの実況中継がなかったために好き放題のことをした、という気がします。

 米国がパナマに侵攻した理由は、世界の物通の要であるパナマ運河を守ることでした。その大義名分に対して、各国政府は殆ど異を唱えなかったように思います。イラク侵攻の時のように。

 このブログは、政治問題は扱いませんし、ネコ師も関心がないのですが、このようなことがあったのだ、ということを次回の記事の前置きとして書いておきます。

 パナマ運河とは何なのか、が少し実感できるのではないかと思います。
 また、いろいろな背景を知っていると、旅行したときにも見る目が変わります。これが旅行の醍醐味ですね。

続きはこちらのリンクから。

   『パナマ運河建設に参加した日本人がいました(2/2)』

 コメント機能があいかわらず不調で、コメントを書いても表示されない場合があります。その場合でも、コメントは記録されていますので再入力をする必要はありません。そのうち表示されます。ご迷惑をおかけして済みません m(_ _)m


posted by ネコ師 at 00:05| Comment(5) | パナマ編 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。。。さすがアメリカだわΣ(゚Д゚;)
悪行の数々。。。次回が楽しみです!!全ポチ!!
Posted by ママ美 at 2009年01月15日 11:27
その時代に日本人がそんな大建設に携わっていたなんて・・・・
初めて知ってびっくりしました。
自分では知る事が出来なかった事だから面白いです。
続きを楽しみにしています。
Posted by dino at 2009年01月15日 20:46
(llllll・____・llllll)....ン?
続編が。。。早すぎた(⊃∀`* )エヘヘ♪ 全ポチ!!
Posted by ママ美 at 2009年01月16日 11:57
すごい話しですね~
続編を期待しています。
Posted by 瀬戸に花婿 at 2009年01月16日 16:21
皆さん、コメントありがとうございました。
飲み会があり、更新をさぼってしまいました。済みません。
やっと更新しました。

Posted by ネコ師 at 2009年01月17日 00:19
コメントを書く
コチラをクリックしてください

▲ このページのTOPへ戻る

MIX洋猫と世界遺産ランキングに参加しています。
このバナーは「セサールの酔猫バナー」という名前です。
この酔っぱらいのような猫のことをもっと知りたい方は
猫カテゴリーからご覧下さい。

にほんブムグ村洋猫へのリンク


Copyright Ⓒ Nekoshi, 2007-2017 All Rights Reserved.