2017年04月12日

ミュシャ展はスゴい! ぜひご観覧を!


 おととい、東京・国立新美術館で開催されている『ミュシャ展』を見に行ってきました。

 最近腰を痛めて、外出を控えていたのですが、痛い腰をあげて行ってきました。
 我が家からは電車1本で行ける六本木で降り、美術館へ。

 混んでいるのではないかと心配していたのですが、驚くほどの混みよう・・ではなくホットしました。
 門を入って直ぐのチケット売り場に並んでいたのは20人ほど。

 「草間彌生展」も同じ美術館で同時開催されているので、ミュシャ展を観に行く人はこの半分。「草間彌生展」もかなりの人が入っているようです。同じ日に「草間彌生展」の方を見に行ったうちの奥様の情報です。

 
ミュシャ展gif.gif


 今なら並ばなくても展示会場に入ることができます。展示場にはたくさんの観覧者がいますが、会場内部はとても広いスペースがあるので、イモの子を洗うという状況ではありません。

 会場には行って直ぐに目に飛び込んでくるのは、巨大な絵画。『スラヴ叙事詩』の最初の作品である最も有名な『故郷のスラヴ人 - トゥラン人の鞭とゴート族の剣の間で』です。

 人物の部分をピックアップしていますが、この人物像はほぼ実物大です。
 絵を近くで見ようと近づいた女性とほぼ同じ大きさでした。絵自体があまりにも大きいので気づかなかったのですが、やはり大きい! こんな絵が20枚もあるのです。

 
Mucha_05.jpg


ミュシャ展会場.jpg


 ネコ師は、『スラヴ叙事詩』にはあまり関心がなかったのですが、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーとしてのミュシャの絵には釘付けでした。

 大阪の堺市から借りたミュシャコレクションは圧巻です。

 
Mucha_BAILE_1024px.jpg
 

Mucha_Animated_02.gif


 『スラヴ叙事詩』全20点すべてが揃って海外で公開されるのは今回が初めて。そして、最後でしょう。
 この展覧会は観るに値すると思います。NHKがプロモーションしているので、来週以降はさらに混み合うことは間違いありません。

 できれば今週中に観ておいた方が良いと思いました。

 『なんでも保管庫』でも同様の記事をアップしました。中身は違いますが。


posted by ネコ師 at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京めぐり | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448938493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

▲ このページのTOPへ戻る

MIX洋猫と世界遺産ランキングに参加しています。
このバナーは「セサールの酔猫バナー」という名前です。
この酔っぱらいのような猫のことをもっと知りたい方は
猫カテゴリーからご覧下さい。

にほんブムグ村洋猫へのリンク


Copyright Ⓒ Nekoshi, 2007-2017 All Rights Reserved.